※記事内に広告が含まれています。

【想像力の極み】ホロスコープの海王星をディープに解説!

まるいゆめ!占い師やってます。

ホロスコープの海王星は夢や理想、スピリチュアルや芸術的なことに関係するとよく説明されます。

また実現困難な夢を見たり、現実逃避に走ったり、混乱をもたらす天体とよく言われています。

しかし海王星のメリットは、

  1. 霊的資質が高いと、物質的な基準にとらわれない
  2. インスピレーション力が高く、芸術性が発達する
  3. 引き寄せの法則で、夢や願望を実現する「心の力」になる

この記事で、海王星を深く知ることができますよ。

まるちゃん
まるちゃん

まるのポケットは、夢がいっぱいつまってる。

created by Rinker
ナツメ社
¥1,540 (2024/05/30 11:01:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ロマンあふれる夢を見る

海王星は神秘的な天体で、想像力にあふれています。キラキラした恋愛のことやギラギラした野心を夢想したり、将来なりたい理想を心の中で描くのが、海王星の作用です。

想像的なので、インスピレーションが降りやすく、アーティスチックな資質となり、うまく活かせると、芸術的、芸能的な分野で活躍できます。

本職でなくても、趣味で海王星衝動を発揮している人もいるでしょう。

海王星の想像的な資質の裏面として、社会生活に適応できない浮いた人を作りだします。そのため海王星は「浮浪者」を象徴していて、生活能力が低い天体と言えます。

こうした「自由人」は、天王星の象徴にも当てはまりますが、天王星はお気楽で無邪気な自由人です。

一方海王星は、何をするか分からない直感的な人格を表しています。

天王星よりも「無意識」な海王星は、危険なことに巻き込まれやすくなります。

つまり天王星は、意識がはっきり目覚めているのですが、海王星は無意識的であり、非現実的な夢を見続けている天体と言えます。

海王星は精神性の拡大

海王星はふわふわして、意識が拡散するため、リラックスする天体です。

また海王星以外にも「金星」「木星」の3つの天体が「拡大する天体」であり、海王星は「精神性を拡大します。

そのため海王星とアスペクトすると、リラックスし過ぎてボケたり、優しさや奉仕精神を発揮する人もいます。

そして過剰に精神をリラックスしたくなると、精神的な快楽を求めるので、アルコールを飲み過ぎたり、薬物に手を出す人も出てきます。

海王星には、液体や薬の象徴があり、それらに依存する傾向があります。

海王星は霊的な象徴

「とろっ」と溶けるようなイメージができる海王星は、あらゆるものを溶解します。

土星以降の3つの天体は「トランスサタニアン」と言われ、土星のこの世的な壁を壊していく天体です。

土星の次にある天王星は、社会的な常識の壁を打ちこわし、海王星は土星の物質的、肉体的な制限を超えていく天体です。

そのため海王星は、「霊的」で「スピリチュアル」な象徴です。

実際の海王星も肉眼では見えないことから、宇宙の真理を示しているようです。

海王星とアスペクトする天体によって、霊的体質、霊的能力の資質が出てきます。

人間の無意識は「霊的エネルギー」

海王星の見えない霊的な象徴は、人間の心にも当てはまります。

人間の見えない心の領域とは、無意識潜在意識と言われていて、フロイトやユングが発見したものです。

言葉を整理すると、「意識→無意識」、「顕在意識→潜在意識」のように対応しています。

つまり無意識も潜在意識もほとんど同じ意味です。

心理学で潜在意識は、認識できない心の領域であり、幼少期の環境や両親との葛藤による抑圧をひもといて、生きずらい人生を問題解決していくような学問です。

宗教的、占星術的に潜在意識を説明すると、心の奥の神秘であり、無限の心の世界であり、「霊的エネルギー」を意味します。

つまり人間の本質は、永遠に存在し続ける「」や「霊体ということです。

不滅の魂を認めないと、海王星の説明はできないと考えています。

海王星の引き寄せの法則

海王星は「想像性」が強みであり、本領を発揮すると、芸術的な才能として表われます。

音楽、絵画、小説家など、インスピレーションが必要な仕事で活かすことができます。

個人的な感性や趣味を意味する「金星」よりも、上位互換である「海王星」のほうが、芸術性のレベルは高くなります。

また海王星は「夢見」の天体とよく言われます。

大きな夢や理想を思い描いたり、ロマンを語る天体でもあります。

しかし非現実的なロマンを求める海王星は、土星のように夢を現実化する力はありません。

でも海王星の想像する力は、強烈に夢を追いかける推進力になるのです。

例えば、一代で大企業をつくり上げる経営者は、野心と同時に多くの人を惹きつけるようなビジョンを持っています。

経営者や各組織のリーダーは、「ビジョンを描く能力」を使って、仕事に貢献し、自己実現しています。

この「想像力」「ビジョン」のことをスピリチュアルの世界や占いの世界では、「引き寄せの法則」として、説明されています。

なぜ願望を引き寄せることができるのかというと、先ほど解説した海王星の「無意識」「潜在意識」を活用しているからです。

潜在意識が「霊的エネルギー」であるからこそ、引き寄せる力の根拠と言えます。

理想の自己像や叶えたい願望のイメージを繰り返し、言葉に出すことで、潜在意識を働かせることにつながるのです。

一説には、表面意識は4%、潜在意識は96%と言われています。

ほとんど眠っている潜在的なパワーを使うことを、丸井は「心の力」だと考えています。

「心の力」は自分に魔法をかけることでもあり、自己暗示でもあります。

「想像力」、「ビジョン」、「イメージ」することは、現実化するエネルギーなのです。

まるちゃん
まるちゃん

まるのポケットはむげんの想像力でもあるよ。

実例・丸井の母親の海王星

牡牛座月2ハウスと蠍座海王星8ハウスのオポジション に対して、魚座土星・水星合が調停の頂点。

母親は霊的体質であり、他人の感情が流れ込んでくる「エンパス」の体質でした。

それがホロスコープの海王星8ハウスに表われています。

8ハウスは他人に深入りするハウスであり、海王星の溶かす性質によって、他人との境界線がなくなる意味となります。

海王星がオポジションしていますが、月は気質を意味しているので、幼少期からエンパスの体質がありました。

またオポジションに対応する蠍座と牡牛座、8ハウスと2ハウスは、資質の意味が強調されているので、エンパスの体質が強化されます。

さらにオポジションに対して、水星・土星のコンジャンクション(合)が調停していて、水星がASCに合です。

ASCも生まれつきの資質を意味するので、エンパスの体質が3重に強調されています。

そのためHSPともエンパスとも言える霊的体質によって、15才くらいまで、暗くて辛い時期を過ごしたようです。

15才までなのは、金星に木星がトラインしているためであり、金星期に明るい性格で生きようと努力したからです。

本当にエンパスの試練を克服した生き方は、牡羊座の太陽が示しています。

牡羊座太陽・火星合1ハウス 太陽はASCとコンジャンクション

牡羊座の支配星である火星と太陽、さらにASCが牡羊座です。

この牡羊座と、エンパスの体質を表す「調停」という複合アスペクトは、きれいに分かれています。

つまり牡羊座の自己を尊重することによって、言い換えれば、自己主張することをいとわず、周りを気にせず積極的に人生を生きていくことで、エンパスを克服していきました。

まるで魚座の死の世界から、勢いよく飛び出していく、牡羊座の話に似ています。

海王星の影響が強いと、この事例のように霊的な影響があるか、神秘的なことや霊的なことに関心をもちやすい傾向が出てきます。

まとめ 

海王星のポイントは、

  1. 夢想するのが好きで、極端になると理想主義に走りやすい。
  2. 神秘的なことに興味が向いたり、芸術性が高まる。
  3. 精神的な領域を意味する海王星は、リラックスを求めすぎると依存する傾向がある。
  4. 霊的なものの象徴。
  5. 人間の潜在意識の本質は「霊的エネルギー」。
  6. 強みは「想像性」であり、現実を引き寄せることができる。
まるちゃん
まるちゃん

心の力はシンプルで好き。

天体解説シリーズ↓

コメント