【1月7日】蟹座の満月ー生活全般を見直そう

白石麻衣のまるっと星占い【保守的で上品な性格】

まるいゆめ!占い師やってます。

元乃木坂46で、現在は女優として活躍している白石麻衣さんを西洋占星術のホロスコープ(星占い)を用いて、分析しました。

ホロスコープの専門用語をできるだけ使わず書いたので、ホロスコープを知らない方も簡単に読めます。

【西洋占星術】ホロスコープとは?人生の地図です!

スポンサーリンク

白石麻衣のホロスコープ 出生時間なし

1992年8月20日

白石麻衣の性格は「マイペース」で「頑固」

牡牛座に月があるので、マイペースな行動と頑固な意志が、性格のベースです。

牡牛座は職人気質と言われるだけあり、頑固で気難しい性格が存在するので、白石さんも譲らない部分があると思います。

月は私生活に影響するので、食べ物や健康、美容に関わることには、特にこだわりがあります。

五感の感覚性が発達しているのが特徴ですが、逆に情緒性が弱いので、他者に共感するタイプではなく、自らの主観的な経験に重心を置いています。

他人の微妙な心や感情の動きに少し鈍感なところがあるのではないでしょうか。

その代わり感覚的資質が強みなので、タフで一貫している心が長所になります。

【本当の感情と性格は?】星占いの「月」の意味をディープに解説!

獅子座「太陽」と牡牛座「月」の比較

月は牡牛座で、太陽は獅子座にあります。

月は人格の基礎、太陽は人生の軸に当たるので、ホロスコープでは重要な天体です。

牡牛座と獅子座に共通している性質は「個人性」と「頑固さ」です。

自分に対する強い肯定感と、頑固でブレない性格が強調されます。

白石さんの姿に凛とした佇まいがあるのは、動じない性質から来ているのでしょう。

牡牛座月の感覚的基盤を元にして、獅子座太陽の自身の表現方法を模索した結果が乃木坂46のアイドル活動であり、芸能界での活動が人生の一つの目的だと分かります。

月と太陽のサイン(星座)の組み合わせだけで、144通りのパターンがあります。

獅子座「太陽」の目指す生き方は社会に合わせた形

獅子座は派手で目立ちたがり屋のイメージがあると思いますが、白石さんの太陽は獅子座の最後の方にあります。

そのため社会を意識した「現実的な獅子座」と言えます。

獅子座にしては、社会に適応した生き方を目指すので、大人しい性格をしている、白石さんらしいと思いました。

さらに太陽の細かい度数を見ると、卒業してからの変化が読みとれます。

乃木坂を卒業してからは、気楽な精神態度で、仕事や日常生活を過ごし、ささいで小さなことに夢中になると思います。

それはゆっくりと過ごすことができる生活を楽しんで行くことを意味するのでしょう。

サイン(星座)は30分割にでき、1度ずつに意味が当てはめられています。ちなみに白石さんの太陽は獅子座の27度にあります。

【人生の目標】星占いの太陽の意味をディープに解説!

保守的な思考と自分軸が強い

保守的な思考とは、常に慎重に考えて、伝統を大切にする価値観のことです。

白石さんの場合、むしろ社会の規範を積極的に守ろうとするぐらい普遍的なルールに厳しい考えをしており、マナーや礼儀正しいことがとても大切だと考えています。

その低姿勢が謙虚さに結びつくことで、ファンから評価されているのでしょう。

さらにポイントとして、保守的な性格に水瓶座の「独自的な正義感」がプラスされていて、自分なりの「正しさ」を持っています。

それは人生で何かを選択する時に、自分の「正しさ」を基準にして判断するので、周りからの評価が分かれる時もあるかもしれません。

50歳に近づくにつれて冷静な性格が出て来て、淡泊な人格に変化していくことが、ホロスコープから読み取れます。

獅子座水星と水瓶座土星の180°

不安定になりやすい心の傾向性

ホロスコープは多面的な人格が分かるツールであるので、白石さんは否定的で不安定な感情になる傾向性があります。

本人も「自分に自信がない」などと言っていましたし、テレビで観察していてもやはり、繊細で不安定なところはあるようです。

ホロスコープ情報としては、不安定な感情の課題と読むことができますし、獅子座や牡牛座の性質である「プライドの高い」部分との兼ね合いが難しいのでしょう。

丸井も獅子座に月があるので、プライドの高さから弱みを見せたくない習性があります。

水星と土星の180° そこに月が90°でTスクエアを形成。

規則的で計画的な行動が得意

規則的に働くことができる資質があり、オファーが来た仕事は着実に達成できる力があります。

しかし変化に合わせて柔軟にやり方を変えて行くような方法は、あまり得意ではありません。

それでも持続力があり、手を抜かずにやりきれるので、仕事の信用の蓄積に貢献できると思います。

計画的に人生やキャリア戦力を作り、着実に実行していくことも得意だと思います。

結構、合理的な考え方をお持ちで、効率的に成果を上げる、寄り道をしない仕事を選択しているかもしれません。

双子座火星と水瓶座土星の120°

好きな男性のタイプ

火星は上に書いたような仕事能力に関係しますし、女性の場合、火星は好きなタイプを示します。

それはしっかりとした堅実な男性が好きかもしれません。

また太陽は女性の場合、結婚相手を示しており、太陽は冥王星と60°なので、支配的?カリスマ性ある男性?などと妄想が浮かびます。

火星と土星が120° 土星は真面目で律儀な人物と読めます。最終的には出生時間がないと分かりません。

「安定感」と「美意識」抜群の資質

感覚的、身体的な「豊かな資質」に恵まれており、生まれた環境も金銭的に困ることがなかったと思います。

華やかで優雅な風格からも安定した豊かな資質が分かりますし、美しい顔立ちから圧倒的な人気に繋がるのでしょう。

これは単に美女だから人気になったわけではなく、明確な「豊かな資質」の長所として、魂の力として発揮されたものです。

感覚的、身体的な資質から「現実的思考」になるので、安定思考が強調されます。

そのため堅実な考え方をしており、何事も自分の経験から判断し、行動していくので、慎重な性格をしています。

慎重な性格はリスクのあることは避けたり、積極性に欠ける特徴があります。

また物質的、経済的な価値を肯定しており、豪華で安定した生活をしたい欲求があると思います。

その欲求が豊かさを引き寄せるので、個人的な成功は堅いし、結婚相手によっては、金銭的にもっと大きく豊かになる可能性があります。

そして自分が価値あると思った物を所有することで、安心し満足します。

恵まれた生活や環境に安住しやすい傾向はありますが、「感覚的、感性的センス」は芸能界で活躍できる強みになります。

地グランドトラインを形成。

上品な社交性

安定的で「豊かな資質」の中に、繊細な性格が潜んでおり、細かいことが気になるような几帳面なところがあります。

業界内の評判がいいのは、役者やスタッフであっても礼儀正しく、誰でも変わらない対応と細かい配慮ができるからでしょう。

そこに明るい社交性が役に立っています。

しかしこの社交性は積極的なコミュニケーション能力を意味していません。

女性的で繊細な性格に抑制された「上品な社交性と言えます。

乙女座木星・金星は地のグランドトラインの一角にある。

人生を成功に導く力をもたらす冥王星

普段は安定した資質を活かして、人間関係や仕事を行うのですが、ここぞという時に冥王星(めいおうせい)の強力な生産性が働くことで、人生が変化したり、自分を強引に押し出すことができます。

冥王星の力は社会的な目立つ場所で発揮することができ、白石さんの場合は芸能界だったのでしょう。

根源的な力を意味する冥王星は人生全体の推進力になっており、芸能界で活躍する理想を叶えてしまうパワーを秘めています。

蠍座冥王星が木星・金星合と天・海王星に60° 小三角を形成。そして冥王星が月に180°だとカイトを形成する可能性。カイトが推進力になり、蠍座と牡牛座の潜在的な資質を開花させる。

まとめ

乙女座木星・金星の「繊細な美しさ」と獅子座太陽の「高貴なプライド」のコンビが、宝石のような魅力を輝かせているのでしょう。

12星座を人格化した占い↓

コメント